【子育て】保育園入園式(4/3追記あり)


20080324_gaku.jpg

今日4月1日はエイプリルフー・・・・というわけではなく、

息子「雅空(がく)」が保育園に入園する日だったのです。
(ビデオを撮ってて、携帯で写真を撮るのを忘れていたため、ちょっと前の写真です)

ついこの間生まれてきたかと思ったら、もう保育園だなんて。
この一年、早かった・・・。(いつも言ってますが)

毎度のことながら、朝からバタバタバタ・・・。
妻は職場復帰で出勤準備。
じつは雅空とは違う保育園の保育士なのです。
当然、妻も職場である保育園の入園式があるため、無理を言って入園式の掛け持ちとなります。
忙しいですねえ。

保育園に到着すると、すでにほとんどの人が登園済み。
着くとすぐに入園式が始まりました。

周りを見ると、雅空と同じ学年といっても、体の大きさなどバラバラ。
そりゃそうですね。4月・5月生まれと雅空のような3月生まれでは、約1年違うわけですから。

雅空はしばらくはおとなしくしていたものの、すぐに飽きてうろちょろし始めました。
ま、いつものことなんですが。

式終了後、各クラスで説明会。
親もいろいろやらなきゃいけないことがあるみたい。
覚えきれるかな。送り迎えは基本的に私の担当となるので、ちゃんとやらねば。

保育園を出て、妻を職場である別の保育園に送り、家路に着きました。
途中、雅空は車の中で寝てしまいました。

明日からは本格的に登園し、雅空の保育園生活が始まります。
どうなることやら。

というわけで、朝と夕方は保育園の送り迎えがありますので、
取引先の方々、ご了承くださいませ。

(4/3追記):
上記最後の2行について早速お問い合わせいただきました。
朝と夕方は仕事をお願いできないのか、という内容でしたが、もちろんそんなことはありません。
妻が送り迎えしてもいいわけですし、時間的に無理なら延長保育もありますし、
なんならベビーシッターさんをお願いしてもいいわけですし。
 (「横浜市 ベビーシッター」でGoogle検索←クリック)
ただ、分かっていただきたいのは、子育てをしながら仕事をしていく、という状況をご理解いただきたかったのです。
「子供がいるから仕事ができない」のではなく、「子供がいるから仕事が頑張れる」というスタンスですので、そういった私の「覚悟」を示したかったのです。
まあたしかにお仕事をくださる取引先様および企業様から見れば、関係ないことかもしれません。
しかし、こういった私のスタンスをご理解していただいている取引先様も実際にありますし、
そういう企業様はやっぱり業績が伸びているんですよね。
仕事(もしくはもっと言えば商売)というのはすべからく相手があって成り立つものです。
業務提携先や委託先や下請けなど様々な関係があって仕事は進んでいきます。
それら関わりのあるひとたちのことまで気にかけていくことのできる企業というは当然伸びますよね。
これからもそういった方々とWINWINの関係でいたいものです。

Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

この投稿にタグはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。