【映画】母と子が紡ぐ、10の命の物語『プルミエール – 私たちの出産 – 』

プルミエールイメージ

予告編を観ただけで、泣いてしまいそうです。
本編はきっと泣いてしまうに違いない。

映画「プルミエール – 私たちの出産 – 」

太陽が月に覆われた皆既日食の日。この特別な1日に、世界各地から、一際大きな産声が鳴り響いた。母親ひとりの自然分娩、世界最大の産院での医療出産、イルカと一緒の水中出産、極貧生活の中での命がけの出産…。文化も人種も生活環境も全く異なる、しかし母になることを決意した10か国の女性たちには、知られざる困難と歓びの物語があった。ディズニー・ネイチャー・プロダクションが世界中の出産の現場に密着し、命と誕生の奇跡を綴った出産ドキュメンタリー。

via: 映画/プルミエール 私たちの出産 映画作品情報 – cinemacafe.net

映画『プルミエール』公式サイト
※音声注意

日本をはじめ、アメリカ、ベトナム、メキシコなど10か国の女性たちによる出産を巡るドラマを描いた、ドキュメンタリーです。

「出産」に関して、ほとんどの男性は無知で、役立たずで、無力です。
私もその例外ではありません。

息子「雅空(がく)」が生まれてくる時、立ち会いをしました。
私は後から分娩室に入ったが、その時すでに頭が半分くらい出てきていたんです。
これまで見たことの無い、妻の苦しそうな顔。
そして何もできない自分。

女性は、いや、母親ってのは、ほんとうにすごい存在なんだな、と思いました。
どんなことをしても、母親にはかなわない。
だって、一人の人間を生むんだもの。そりゃ、かなわないよ。
 
 
そして、そんな自分でも、生んでくれた私の母親にも感謝。
 
 
2008年4月19日よりシャンテ シネほか全国にて順次公開
 
 
 
 
 
 
【追伸】
本日、株式会社スプーンのSさんに、ご子息が誕生しました!
2752gの元気な男の子だそうです!
無事に生まれてくれてよかったあー!
バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!

Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

この投稿にタグはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。