【アプリ】Mac上でWindowsを同時起動『Parallels Desktop』が”半額”!!


ダウンロードソフトウェア販売のベクターPCショップで、再起動せずにMac OS X上でWindowsOSを同時起動させる仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0 for Mac (パラレルズ)」が驚きの価格で販売されています。

・ビルド「5582」 Mac OS 10.5 Leopard 正式対応!
・ビルド「5600」 Vista SP1,XP SP3互換性向上!
・Intelプロセッサ内蔵のMac上でMac OS XとWindowsを同時実行
Parallels Desktop for Macは最新の仮想化テクノロジによって、Intelプロセッサ内蔵のMac上で、Mac OS XとWindows、Linux、その他のOSとアプリケーションの同時実行を可能にします。
Parallels Desktop 3.0 for Macでは、発売以来実装が期待されてきたOpen GLおよびDirect Xの対応を実現し、3Dグラフィックを使用したWindowsアプリケーションの実行を可能にしました。
また、仮想マシンの使い勝手を向上させる数多くの新機能を搭載するとともに、既存の機能も大幅に強化されています。

【驚異の半額】Parallels Desktop 3.0 for Mac-パラレルズ・デスクトップ-
通常価格:12,390円が
8/31(日)まで キャンペーン特価(税込):5,985円![50%OFF]

たかがWindwsごときに10,000円以上払うのはちょっとばからしいというか、それほど必要がないのでもったいないなあと思っていたので、この手の仮想化ソフトに関してはほとんど情報を仕入れていなかった。
しかし、この価格である。”半額”と聞けば、必要が無くともちょっと気になりますよね。

現行のLeopardなら、Bootcampという手もありますが、再起動して完全にWin機になってしまうのは、機能的には最善なのかもしれないが、ちっともエレガントじゃない。
Parallelsのキモは、MacのUI上で「Winも」使えるというところなのです。
これならエレガントさを維持しつつ、しょーもないWinアプリを捌けるでしょうし。

特に今すぐ必要じゃないけど、いずれは買おうかな、と思っている方にはチャンスなのかもしれません。
2008年8月31日までの限定価格らしいので、検討中の方はお早めに。

Parallels Desktop 3.0 for Mac
 
 


Related Articles:

Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

この投稿にタグはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。