【GAME】懐かしのあのパックマンをMacで。『Pac the Man X』


    Pacman for your Mac

私がまだ小学生だったころ、近所の駄菓子屋の店先にアーケードゲームがいくつも置かれていました。
私は主にインベーダーとギャラクシアンを好んでプレイしていましたが、友人たちの間ではパックマンがお気に入りだったようです。
「敵から逃げまくって何がおもしろいんだ?」
と罵っておりましたが、小学生特有の「おれ、このゲーム上手くないから好きじゃない」というとんでもない屁理屈がそう言わせたのでしょうね。

そんな懐かしいパックマンがMacでプレイできるというので早速ダウンロードしてみました。

Pacman for your Mac
正確に言うと「当時流行ったアーケードゲームのパックマン風」のゲームということなのでしょうね。

OS X 10.3以降で動作します。
全部で140面あって、4つの難易度レベルの設定が可能。
オンラインでハイスコアを競うこともできるそうです。

ゲームスタート画面はこんな風。

    Pac the Man X

ルールはもちろんパックマンそのもの。説明する必要はないでしょう。
しかし、このゲームはそれだけではないのです。

エディターが同梱されていて、ゲームを自分好みにカスタマイズすることができるのです。
メニューからエディターを起動します。

    Pac the Man X menu

これがいわゆるスタンダード画面。

    Editing Levels in: ~/Library/Application Support/Pac the Man X - The X Levels.plist

こんな風にしてみました。

    Editing Levels in: ~/Library/Application Support/Pac the Man X - The X Levels.plist

迷路そのものを変更したり、Super Pellet(食べるとモンスターをやっつけられる黄色い実)をいくつも配置したり、モンスターの出入り口?を移動したりと、実に様々にカスタムすることができますよ。
 
 
あまりの懐かしさに思わずプレイしてみましたが、
1面もクリアできず。

やっぱり「おれ、このゲーム上手くないから好きじゃない」。
 
 


Related Articles:

 
Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

この投稿にタグはありません。

投稿者:

gladdesign

gladdesign

@gladdesign フリーランスのデザイナー。横浜在住。広告(DTP・WEB)デザインおよび企画提案・ネーミング・マーケティング。 WordPress構築も承り中。Apple,Mac狂信者。Illustrator、Photoshop、iPhone6Plus、AppleWatch愛用中。