【Art】なんだこれは? 新しい生命体?『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』


今年1月からやっていたようだが、知らなかった・・・・・・orz
3連休に行ってみたい! 風で動く巨大な「生物」展 – はてなブックマークニュース

2009年1月17日(土)より4月12日(日)までの間、オランダ人アーティスト“テオ・ヤンセン”のアジア初の作品展示を行います。日比谷パティオ特設会場に、オランダ、イップンブルグのテオのラボより、プラスティックチューブから作り出されたストランドビースト(strandbeest オランダ語“砂浜生物”の意味)がやってきます。その骨格の様な外観と、風力を動力源として自ら歩き出す不思議なストランドビースト。

テオ自身”生物”と称するその独特な魅力を解き明かしていきます。 内外のブログ、動画投稿サイトで話題沸騰中の「ストランドビースト」の展示に加え、 彼の製作活動を紹介するアジア初の公開展示となります。 オランダから海を渡ってやってくる、迫力の日本初上陸作品群をお楽しみに!

すげえ! 超見たいんですけど! 今週で終わり!?

こちらが公式サイト。
-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展 公式HP
(自動的に動画が始まりますので音に注意)

このひとがテオ・ヤンセン氏。

メインはこいつらしい。
Animaris Modularius (アニマリス・モデュラリウス)

風を動力とした巨大な構造体。 風を受けると羽根が稼働し、ペットボトルに貯まる圧縮空気の力で歩き出す。 交換可能な乳白のプラスチックチューブを骨格としており、 このチューブの長さで行動や能力が決まる。

超かっこいいんですけど(笑)

そしてこいつも。
Animaris Ordis (アニマリス・オルディス)

本作品は、お客様に動かしていただくことが可能です。

え!? 動かしていいの? 動かしてぇ〜〜!! (笑)

その他にも

アジア初展示会となる本展示会では、メイン展示となる作品2体のほか、大型作品計11体の展示を予定しています。また、「テオのラボ」をコンセプトとし、その他にも、作品のパーツや直筆スケッチなど、テオの世界観を体験していただける様々な展示物を展開予定です。

ということなので、ますます見たくなるじゃないですか!

うちの子に見せたらどんな反応をするか、それも楽しみw。
でも今週で終わっちゃうのか〜。う〜ん。

<開催概要>
会場   東京 日比谷パティオ特設会場(三信ビル跡地)
     >> 会場情報はこちら
展示期間 2009年1月17日(土)~4月12日(日)
     ※2月15日(日)のみ施設点検のため閉場
開場時間 10時~21時(最終入場は20時30分)
入場料  1,500円(税込) ※小学生以下は無料
協賛   三井不動産株式会社
主催   テオ・ヤンセン展実行委員会
企画   Hata International
後援   オランダ王国大使館
お問合せ 03-3519-6671
     ※お問い合わせの窓口は1月13日(火)より開通いたします。

やることが多過ぎて、時間とれないかもな〜。でも行きたいな〜。


Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。