【MUSIC】my Classics! / 平原綾香


my Classics!
B002GWP6PY

my Classics! / 平原綾香

秋の夜長にぜひ聴いておきたいアルバム、第二弾。
9月にリリースされたばかりの平原綾香7枚目のアルバム『my Classics!』です。

平原綾香がクラシックに恋をした!

全曲クラシックをカヴァーしたアルバム。
どこかで聴いた親しみのある旋律に敬意を込め、
新しい解釈で世界観を表現。
シングル「ミオ・アモーレ」「新世界」はもちろんのこと、
クラシックカヴァー曲の草分けとして名高い「Jupiter」と、
ドラマ「風のガーデン」主題歌としてヒットした「ノクターン」を同一アルバムに収録。

さらに、「アンケート:平原綾香に歌ってほしいクラシック曲」での人気曲をカヴァーした楽曲も収録。
オリジナルアルバムとしても、
平原綾香のクラシックカヴァーベストとしても必聴の名盤がここに完成。

あなたの「my Classics !」ここにあります・・・。

平原綾香 – Wikipedia
などに書いてありますけど、デビューでの逸話から、平原綾香といえばクラシック、のイメージが強いのですが、このアルバムではそのイメージを崩すこと無く、さらに上質な音楽が詰まっています。

2003年12月17日、イギリスの作曲家・ホルスト(G. Holst)の組曲「惑星」の第4曲「木星 快楽をもたらす者」 (Jupiter,the bringer of Jollity) を原曲としたシングル「Jupiter」(作詞:吉元由美、編曲:坂本昌之)でデビュー。この楽曲はTBS系ドラマ「3年B組金八先生(第7シリーズ)」の挿入歌などとして使われた。なお、CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原綾香自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。

1. pavane~亡き王女のためのパヴァーヌ
2. ミオ・アモーレ
3. カンパニュラの恋
4. ロミオとジュリエット
5. シェヘラザード
6. Moldau
7. 仮面舞踏会
8. AVE MARIA
9. 新世界
10. シチリアーナ
11. ノクターン
12. Jupiter

my Classics! – Wikipedia
には、モチーフとなった曲の情報も網羅されていますね。

Ayaka Hirahara Official Web Site ※音注意!

ヘッドフォンで静かにゆったりとした気持ちで聴きたいアルバムです。


Ave Maria!~シューベルト~ [Single] [Maxi]
B002M5P61O

Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。