【ファイル転送サービス】11の大容量ファイル転送サービスを比較してみた

仕事柄やりとりするデータ量は日増しに大きくなってきています。
初めてMacを買ったころ、データのやりとりはMOディスクが主流で、「640MBもいらないな、230MBで充分だぜ」なんて思ってたころが懐かしいですね(遠い目)。

最近では専らネット経由でデータ納品も珍しくなくなりました。
受け取る相手側さえ許せば、もう宅配便も不要になるかもしれません。
そんな便利なファイル転送サービスをいろいろと使ってみて、比較検討してみたいと思います。

ファイル転送サービスとは?
送信側がサービス提供者のサーバに送信したいファイルをいったんアップロードして、それをダウンロードできるURLをメールなどで受信側に送る。受信側はメールに記載されたURLをクリックしてファイルをダウンロードするというもの。
メールに添付して送信するには大きすぎるデータをやりとりする際に利用すると便利なのです。

比較ポイントは、
(1)無料か有料か
  基本的に無料で利用できるものがうれしいですが、有料版がある場合はそれも明記。
(2)ユーザー登録が必要か不要か
  面倒なのでユーザー登録とかしたくないんですけど、必要なものもあるので。
(3)大容量であること
  50MB程度だと不十分ですよね、いまどきは。

●「MEGAUPLOAD」海外ファイル転送サービスでは最大級

[無料][ユーザー登録:不要][最大500MB][保存期間:最終ダウンロードから21日間][有料プレミアム版あり]

MEGAUPLOAD – 先端を行くオンライン・ストレージとファイル配信サービス

香港の企業が運営するサービス。
海外では圧倒的な知名度と規模を誇っている。
Alexaでのランキングでも群を抜いているようです。
無料会員登録で50GBのストレージが無料で利用できるという太っ腹ぶり。
ただ、ダウンロード時にやたらといかがわしい広告ががポップアップすることがあるので、注意が必要です(笑)

ちなみにここの裏技:
xpro | 【便利】 MEGAUPLOADで45秒待たずにダウンロードする方法

参考リンク:
MEGAUPLOAD (50GB無料のオンラインストレージ) : ワークスタイル・メモ

●「宅ふぁいる便」ニッポンのファイル転送サービスの草分け的存在

[無料][ユーザー登録:必要][最大50MB][保存期間:最大7日間][有料版あり]

無料大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」

「ファイル転送サービス」=「宅ふぁいる便」と、代名詞的な存在であります。
むしろファイル転送サービスと言っても伝わらないクライアントでも、宅ふぁいる便で送ります、と言えば通じたりしますね(笑)
一時期はみんなが使っていたので、転送速度が遅いというイメージが広まっちゃった感がありますが、実はそんなでもなかったり。
未だによくクライアントさんからは、これで送られてきます。
最大50MBまで送信可能だが、ここは他のサービスに対して見劣りするところ。
有料版にすれば100MBになりますが。

●「おくりん坊」名前が覚えやすい

[無料][ユーザー登録:必要][最大250MB][保存期間:3日間][有料版あり]

無料ファイル転送サービス|おくりん坊

名前が覚えやすいので、なんとなく覚えている。使った記憶はあまりない。
クライアントからは割とよく送られてくるので、知名度はそこそこあるようです。

●「データ便」さくっと送りたいときは重宝します

[無料][ユーザー登録:不要][最大100MB、無料会員登録で300MB][保存期間:3日間][有料版あり]

信頼性の高いセキュリティ便というのがあるらしい。

●「FileTruck」転送速度が早い(気がします)

[無料][ユーザー登録:必要][最大1GB][保存期間:3日間]

これは私自身がよく使っているサービスです。
転送容量が1GBあるので充分すぎるほどですし、転送速度も他サービスより早い気がします。
あくまでも主観ですが・・・。
・簡易アドレス帳機能
・最大10人までの複数転送機能
・転送履歴一覧機能
・転送記録付き送信機能
・アップロード進捗表示機能
などなど、機能も割と豊富です。
中でもアップロード進捗表示は意外と気に入っています。
ネット回線がADSLだったころはこれがあると安心できました(笑)

●「SendThisFile」無料でファイル容量無制限、ファイル転送無制限

[無料][ユーザー登録:不要][ファイル容量無制限][保存期間:3日間][有料版あり]

SendThisFile | Send Large Files with the Trusted File Transfer Service

使ったことは無いです。
が、気になりますね。
こちらのブログでの検証されています。
SendThisFile 転送ファイル容量無制限の無料ストレージサービス
「ファイル容量無制限、ファイル転送無制限」というのは言いすぎなのかな?

●「youSENDit」海外のファイル転送サービスの老舗

[無料][ユーザー登録:必要][最大100MB][保存期間:最大7日間][有料版あり]

海外では人気のあるサービス。日本で言う「宅ふぁいる便」のような存在なのかな。
不具合があってファイルが消えたとかいう事例も散見される。要注意。
ここが詳しく解説しています。
YouSendit 巨大ファイルを簡単送信できる無料ストレージサービス

●「filebank」徐々に信頼性が増してきた国産サービス

[無料][ユーザー登録:必要][最大1ファイル2GB][保存期間:最大14日間][有料版あり]

ストレージ容量も転送ファイルサイズも充分な大きさ。
以前は登録なしでも使えるビッグメール(無料で100MB転送)というサービスもありましたが、2009年8月22日に終了しているようです。
ゲストフォルダという機能が使い方によっては、利用しやすいかもしれません。
ファイルバンクIDを持たないユーザーでも、管理者のファイルバンクID、ゲストフォルダ名、ゲストフォルダパスワード(設定時のみ)を入手すればゲストフォルダへのアクセスが可能となります。

●「firestorage」たぶんここが最強

[無料][ユーザー登録:不要][最大1ファイル2GB][保存期間:最大7日間][有料版あり]

とにかく機能がすごい。やりすぎてるくらい。
保存容量無制限(!)
最大1ファイル2GBまで(1回の操作で同時送信20個)(2GBって!)
最大7日間お預かり(無制限にもできるらしい・・・)
最大20ファイルのダウンロードを1つのダウンロードURLで可能(これは便利!)
ダウンロード画面でダウンロードする前にウィルススキャンが可能(ウイルススキャンまで・・・)

無料で登録不要でここまでの機能がありながら、有料版ではもっとすごいことになってます。
詳しくはサイトを見ていただくとして、欠点らしい欠点が見当たらない。強いて言えば、アップロードを行う為にはFlashPlayerが必要、ということくらいか。ま、これは欠点の内には入らないか。

●「FileQ」転送容量が割と大きめ

[無料][ユーザー登録:不要][最大600MB][保存期間:5日間]

FileQ 無料ファイル転送サービスから、ビジネス向けファイル転送、Subversion、99円レンタルサーバまで幅広くカバー:TOP

リソナルのファイル転送サービス。
受取人メールアドレスを最大10件まで追加可能なサービス。

●「MediaFire」容量無制限、保存期間無期限

[無料][ユーザー登録:不要][最大1ファイル100MB][保存期間:最大7日間][有料版あり]

Free File Hosting Made Simple – MediaFire

海外サービスです。1ファイル上限は100MBですが、全体の容量は無制限のストレージがあります。また、ファイル保存期間も無期限という太っ腹。
よく、デザイン素材の無料配布などで使われています。

いろいろとご紹介しましたが、これだけではありません。
他にも数えきれないくらいに増えてきています。
ある一定のニーズはすでにあって、今後はPCのヘビーユーザーではなく、ライトユーザーの取り込みがシェアに影響するのでしょうね。

ここでは主に日本のサービスを中心にご紹介しましたが、海外のファイル転送サービスは、こちらに詳しく載っていました。
ファイル共有ソフトのレビュー一覧 : ワークスタイル・メモ


Copy the code below to your site.
x 

Powered by

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by yuuya shibata and D2U, Akira Itoh. Akira Itoh said: やはり最強はfirestorage!! RT @gladdesign: エントリ書いた/【ファイル転送サービス】11の大容量ファイル転送サービスを […]

  2. 【ファイル転送サービス】ログイン不要で最大2GBまでファイル転送が可能なサービス『WeTransfer』

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。