【Application】ついつい詩的な文章を書いてしまいそうなテキストエディタ『OmmWriter』


OmmWriter Beta

なんという素晴らしいテキストエディタなんだ!
思わず衝動的にエントリします。

OmmWriter というMac用のテキストエディタです。

Welcome – Ommwriter

まずはどんなアプリなのか。
この動画を見てもらうとわかりやすいです。

OmmWriter

Ommwriter from Herraiz Soto on Vimeo.

幻想的なフルスクリーン。静かなBGM。必要最低限のツール類。
どれをとってもエレガントです。

あまりにも心地よいので、ついつい詩的な文章を書いてしまいそうです(笑)

なんとも不思議なアプリです。

他のどんなテキストエディタとも違う、独特の雰囲気を持っています。

効率を高めるための機能、というわけではなく、ただ静かにキーボードを叩く音すら心地いいと思わせる、そんなアプリ。

文章を「書く」というよりも「綴る」と言ったほうがしっくりきます。

テキストのエフェクトは最小限。
マウスを動かさなければ、ツール類すら見えなくなる仕様。
ささやかに奏でる静かなBGM。
無背景にもできる、さりげない背景。

淡々と、粛々と、ゆったりとした時間の中で、心穏やかになれるアプリなんて、今まであったでしょうか?

あまりにも心地よいのですが、会社の事務所内で使っても効果は半減しそうですね。
やはり、夜、家に帰って寝る前の少しの時間、一日を振り返って心の底に沈殿した「ことば」をすっと洗い出す。
そんな使い方を妄想してしまいます。

それにしても不思議なテキストエディタです。
OmmWriter

調子に乗って、こんな文章がスラスラと出てきます。やばいです。自分じゃないみたいです(笑)

要OS 10.5 以上。無料です。
配布サイトにて登録すると、ダウンロード用のURLが送られてきますよ。

気になる方はお試しを。
Welcome – Ommwriter
(via Mac OS X用の幻想的なテキストエディタ | CREAMU

(追記:2009/12/18)
Ommwriter Beta V2 now available
本日朝早く(ていうかまだ夜中)にニュースレターが届いていました。
まだベータ販ですが、バージョン2がリリースされたよ、という内容でした。
早速インストール。ダウンロードしてディスクイメージを展開すると出てくるアプリ本体をアプリケーションフォルダにドロップするだけです。

新たに改善された点は、

1. Word Count: For all of you bloggers, journalists, for whom every word counts.
2. Auto-save. For all those undesirable moments, when Murphy’s Law kicks in. In those desperate circumstances you can now recover most of your lost work (backed up every 3 minutes). In times of need, you will find this file in “Library/OmmWriter/OmmWriterBackup.omm”

1.文字数カウント
しかしこれ、実際に文字を打ってもどういう基準で数えているのか不明です(笑)
文字数というより行数なのかな、とも思ったけど、どうも若干違うようだし。
元々最低限の機能だけで構成されていたので、別に必要ないと言えば必要ないのですが。

2.自動保存
これはありがたい。特に意識することなく、バックグラウンドで保存していてくれれば、イザという時にも安心です。
3分間隔で保存しているようです。
バックアップを取り出す時は、”Library/OmmWriter/OmmWriterBackup.omm”を参照せよ、とのこと。

あと、細かなバグフィックスが施されているようですね。


Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。