【ANKER】ウルトラスリムBluetoothキーボード買いました

私、前エントリのように腰を痛めてしまいましたので、重いPCを持ち運べなくなりまして。

重いといってもいつもMacBook Airのしかも11インチを持ち歩いておりましたので、非常に軽い部類に入るとは思います。
とはいえ、持ち運んでも使わないことも多く、なんとかしたいと常々思っておりました。
いろいろと検討した結果、テキストメモだけならiPhoneでいいじゃん、長文を書く必要があるならBluetoothキーボードだけあればいいじゃん、ということに気づいて早速吟味して評価がいいANKER製品にしました。


さて、届きました。
まず、ペアリングですが、Bluetoothマークがあるとはいえ、よく分かりませんでしたので、説明書を読みました。
やってみると、あっさりと接続しました。拍子抜けするほど簡単でした。

文字を打ってみました。
キー自体の質感は、チープな感じは正直言って否めません。
が、この値段(約1,800円)では致し方ないかなと思います。
打ってみた感触としては、そう悪くはないです。
すごくいい! という感じではないですが、悪くはない、という感じ。

MacBookとほぼ同じキーピッチなのでタイプミスもなく打てます。
むしろ、傾斜が付いている分、こちらのほうが打ちやすい気もしますね。


一番気になっていたのは、タイプの音でした。
事前調査において主にYouTube上にあるレビューなどで確認してはいましたが、やはり音はやや気になるかなと。

大きいというわけではないですが、チープなキーのチープな音、と言いますか、そういう音がしますので、どうしても静かなキーボードが欲しい、という方は別のものをお選びいただいたほうがよろしいかと。

あと、気になる点としては、日本語入力に対して、かなと英数の切り替えでしょうか。
Macの場合はUSキーボードであっても、アプリで「かなキー」「英数キー」を指定できるものを使っていましたが、iOSの場合はそうもいきません。
⌘英かな

このキーボードではなんと、「Caps lock」キーが切り替えキーになっていました。
よくある方法としては「Command + Space」で切り替える方法もありますが、iOSのアプリによっては使用できないことがあるようです。

まだよくわからない機能もありそうですが、ひとまずは使い込んでみようかと思います。

あと、持ち運び用ケースとしてこれをチョイス。

このキーボード専用ではないものの、レビュー通り、ぴったりでした。

 
Copy the code below to your web site.
x 

Powered by