email

【SMA】電子メールのクリック率、過去最大の下落


【SMA】小さな会社の役に立つ!広告・販促・プロモーションのネタ帳メルマガ
からネタを抜粋してお届けします。
 
 
email


電子メールのクリック率、過去最大の下落: インターネット広告のひみつ – ブログ http://tumblr.com/xate44hmkless than a minute ago via Tumblr


 
 

7月19日、メーラメーラーが「Email Marketing Metrics Report」を公開。
2004年の初回以来、今回で10回目のレポートとなるが、2009年下半期に配信された電子メールのクリック率は過去最大の落ち込みを記録した。
2009年上半期までは2%台後半で推移していたが、下半期に1.6%まで急落。

この原因のひとつとして、電子メールクライアントのフィッシング詐欺対策の強化が挙げられている。
送信者がアドレス帳に登録されているか、受信者がリンクを有効にしない限り、電子メールのリンクを無効にする措置が広まっている。
また、リスト疲労、すなわち受信者の興味の喪失も原因として挙げられている。

しかし、これらの原因でここまでクリック率が低下するものだろうか。
次回以降のレポートも継続して注視したい。

http://blog.mailermailer.com/2010/07/top-words-email-subject-lines/

 
 
 
海外でのお話。
とは言え、当メルマガもURLが沢山書いてあるメールですので、
他人事ではないのですが・・・(^_^;A

メーラー側の設定でリンクを無効にする機能があるようですね。
私はアプリケーションとしてのメーラーはバックアップ用途に
Thunderbirdを使っていますが、
普段はGmailですので、いまいち分からないのですが。

なぜメーラーを使わないのか、というと、
大体資料なり、参考文献なりは、WEB上にありますし、
そうしたページを読もうと思うとブラウザで見ることになりますよね。

メーラーで見てリンクをクリックしてブラウザが立ち上がって・・・・
って非効率だと思うのです。
最初っからブラウザで完結させたほうが早いと思うのです。

それにマシンを変えたら今までのメールを再度インポートするのも面倒ですし。

近年は常にネットに接続されている環境が整っており、
モバイル環境ですら常時接続が当たり前の時代です。

さらに今後は「クラウド」環境が当たり前になってくるでしょうから、
そうした時代にあっては、ローカル環境ってあまり必要ないと思うのです。

話が逸れましたが、
日本ではちょっと事情が異なる、ような気もするのですが、
確固たる資料も何もなく、たんなる希望的観測だったりします。

若い世代が使う「デコメール」などを見ていると、
もっとHTMLメールが盛り上がってきてもいいと
思ったりもするのですがね。


 
Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

投稿者:

gladdesign

gladdesign

@gladdesign フリーランスのデザイナー。横浜在住。広告(DTP・WEB)デザインおよび企画提案・ネーミング・マーケティング。 WordPress構築も承り中。Apple,Mac狂信者。Illustrator、Photoshop、iPhone6Plus、AppleWatch愛用中。