【iPhone4s】iPhone4sのバッテリーをわずか数百円で交換する方法

わずか数百円でiPhone4sのバッテリーを交換しました。
しかも所要時間10分足らず。


5sが出てすぐさまソフトバンクのオンラインショップで予約しました。
まだ届いていないので悶々としております。

で、現在使っているiPhone4sをどうするか。
下取りに出せばいくらかにはなりますが、これはこれで愛着があるのであまり手放したくないのです。
どうもApple製品は「道具」を超えた何かになってしまいがちです(言い訳)。

5sをオンライン予約する際、下取りに出せば安くなる、というのは知っていたのですが、やはり手放さないことにしました。

しかし、最近特にひどいのがバッテリーの消耗。
もともとヘビーに使うのでバッテリー消費は激しいほうではありますが、それにしても減りが早い。
朝フル充電でも昼ごろには20%を切っている、なんてことも。

これはなんとかしないと困ります。
まだ5s来てないし。

というわけで思い切ってバッテリーを交換しました。
通常、iPhoneは開封して中身を見ることはしません。
ていうか開けたらサポート対象外です。
もし、バッテリーを交換しようと思っているのなら、自己責任でお願いします。

バッテリーの交換といっても、難しくありません。
超簡単です。

しかもかかる費用もお手頃価格。
時間もかかりません。

参考サイト
以下の記事を参考にさせていただきました。
iPhone4S バッテリー交換記 | ものがり!

iPhone4とiPhone4sとでは、バッテリー位置などはほぼ同じようですが、背面のフタを止めているネジが若干違うようです。
僕の例はiPhone4sなので、iPhone4の方は再度よく調べてからお願いします。

準備

バッテリー交換に必要な工具はこれで揃えました。
Apple iPhone 4S 交換 互換バッテリー 工具セット(ピンセット、吸盤、ヘラ、ドライバーなど):Amazon.co.jp:パソコン/AV/カメラ/家電

ぶっちゃけ、ここまで必要なかったです。
背面のフタを開けるための特殊なスクリュードライバーさえあれば、あとは100均の精密ドライバーで事足ります。

あやしいチャイナクオリティ笑

なにやら手順らしきものが書かれてありますが、よくわかりません。

道具が揃ったら、iPhoneをバックアップしておきましょう。
iTunesに繋いでバックアップ。
このとき、暗号化しておくことをお勧めします。
iTunesで作成するiPhoneのバックアップを暗号化する方法(Mac/Windows両対応) – たのしいiPhone! AppBank

また、バッテリー交換中は電源を切っておくこと。

バッテリー交換作業

準備が整ったら、バッテリー交換作業に入りましょう。
何度も言いますが自己責任で。
自信のない方はお近くのAppleStoreかAppleshop、もしくはApple信者にお願いしましょう。

まずはiPhone本体下部の2本のネジを外します。
ここは特殊なスクリュードライバーです。

ネジが外れたら、背面のフタを上の方へズラします。

キットに入っている緑色のヘラでフタを取り外します。
(同じくキットに入っている吸盤でもOK)

フタが外れたら次にバッテリーのコネクタを外します。
細いネジが2本あります。

コネクタが外れました。

あとはバッテリーをペリペリと剥がしていきます。
もうひとつある緑色のヘラでグイッと。

バッテリーを剥がした図。

バッテリーを交換したら逆順でバッテリーを固定し、フタを閉めます。

起動してみると、何事もなかったかのように起動しました。

交換作業はあっという間に終ってしまいました。
もしバッテリーでお困りの方はお試しあれ。
ただ、くれぐれも自己責任でお願いします。

iPhone 4S対応のバッテリー交換キット
iPhone修理部品
売り上げランキング: 6,188

Drafted from するぷろ for iOS.

Copy the code below to your web site.
x 

Powered by

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。