【iPhone】iPhone 13 Pro Max に機種変

iPhone13peomax-title

2年ちょっとぶりにiPhoneを機種変更したので超久々にブログ書く。

iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Max を購入 | ソフトバンク

これまでの私のiPhone遍歴は、
iPhone 3GS → iPhone 4S → iPhone 6 Plus → iPhone 7 Plus → iPhone Xs Max → iPhone 13 Pro Max
となる。
思えばずいぶんと時が経ったのだなと。

すでに多くの人がそうであろう、iPhoneは電話ではなく、カメラとして買う、という認識である。
なので今回の13はカメラが大幅に進化しているので、機種変更しない理由がない。

iPhone13ProMax-graphite

色はなんでもよかったのだが、グラファイト(お店の人にはグレーって言われたけど)にした。
どうせケースをつけるからなんでもよかったのだ。
しかし、購入後にいろいろとケースを物色したものの、まったく気に入るものがない。
散々探し回って、結局は背面はカバーしないタイプ、側面のみアルミで囲うタイプのケース(この場合ケースっていうのか疑問だが)にした。
それは後日届くので、いまはむき出しのまま使用している。
これはこれで別に問題はあまりない。
ややスベスベしていて落としそうになることがあるくらい(それは結構大問題かもしれないが)。
書いている内に届いた。
これ。

背面が覆われていないので、ここは好みが分かれるところだと思われる。
ただ、背面を覆うと排熱の問題があることと、iPhoneの背面自体はとても美しいので隠すことは無い、ということを考えると、背面を覆うことなく、側面のみカバーするほうが理にかなっていると思う。

ただ、この側面のみケースだけでは、カメラレンズ部分をカバーできていない。
そこで、これも追加した。

iPhone13ProMax-camera

13ProMaxはカメラレンズが3つもついている。
やっぱりこれはもうカメラだろう。電話じゃねえ。
この3つのレンズをシームレス(というと言い過ぎか)に切り替えて撮影できる。

だいたい私は横位置に構えて撮影するのだが、
構えたまま右手の親指で倍率を操作できて非常に便利。
このあたりの操作性はXs Maxのころと同じ感じ。

話題のシネマティックモードはなかなか使いどころが難しいことと、撮影にもコツが必要な気がする。
近距離と遠距離の対象物が割合はっきりしていないと、焦点がウロウロしてしまうので、人間なり、対象物を絞って、画角とかちゃんと考えた上で撮らないとうまくいかない。
子どもとかペットとか、どう動くか予測できない対象物だと、かなり難しいと思われる。
まさしくシネマ(映画)ティックな映像表現にはとても有効だろう。

まだ、使って2週間程度だが、使っていて気持ちいいなと思うのは、画面の動きがさらに滑らかになったからかな、と思う。
アイコンをタップした瞬間とか、スワイプした瞬間とか、何気ない動きのクオリティが上がったというべきか、操作感がとても気持ちいい。
これはリフレッシュレートが高くなっていることと、常にリフレッシュレートが高いわけではなく、自動でリフレッシュレートをコントロールして、バッテリーの消耗を最小限に抑える工夫がされているというのだ。
もうiPhoneは製品としてかなり完成に近い段階に来ていて、細かい部分での品質向上を繰り返してきていると感じる。

しばらくまた肌身離さない相棒として、どんどん使っていこう。

返信がありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。